LCCを徹底比較!自分に合う格安航空会社を選ぼう!

- LCCを賢く使う!国内線主要5社の使い分け方

更新情報

LCCを賢く使う!国内線主要5社の使い分け方

現在、多くの格安航空会社が参入したこの業界。
それぞれの会社の特徴を今一度ここで確認してみましょう。

ジェットスター(JJP)

国内最大級といっても過言ではないのが、このジェットスターです。
特徴は「格安航空会社の中でもさらに格安な航空券」と「高い定時運航率」です。
ジェットスターは定時運航率がLCCの中ではトップクラスです。
しかし裏を返せば、時間厳守のため、搭乗時間にはかなり厳しいということです。
「あと少しで乗れなかった…」そんな後日談もチラホラと耳にします。


ピーチ(APJ)

最近、特に勢いを増しているのがピーチです。
大阪府の関西国際空港を拠点としています。
特徴は「2種類の料金タイプ」があることです。
「ハッピーピーチ」と「ハッピーピーチプラス」があります。
後者の方は値段が高い反面で、何度でも予約が変更可能なメリットがあります。

スターフライヤー(SFJ)

LCCの中でも高級感を感じさせるのがこのスターフライヤーです。
北九州から立ち上がった航空会社で、SFJ航空券というと、コーポレートカラーの黒を連想される方が多いのではないでしょうか。
特徴はやはり「高級感」です。
機内ではタリーズコーヒーの珈琲が無料で振舞われています。
「そら旅割」や「STAR割」など、種類が豊富なセール商品も人気です。

ソラシドエア(SNJ)

カラフルな機体でお馴染みなのがソラシドエアです。
宮崎県に拠点を置く航空会社で、九州方面の就航便が豊富です。
特徴は「カケコミ割引」で知られるバーゲンの多さです。
登場日までの日数に合わせて、割引がされるシリーズもあります。
余裕をもって購入できなかった時には「特売りシリーズ」も活用できます。

スカイマーク(SKY)

日本の格安航空会社の草分けとも言えるのがスカイマークです。
一度は財政破綻をしてしまったものの、添乗員の制服にミニスカートを採用するなど話題性に富みまだまだ勢いは衰えません。
MCC(ミドルコストキャリア)と呼ばれるように、格安航空会社の中でもサービスの質が高いことで知られています。

それぞれのメリットを上手く活用!

格安航空チケットが利用できる格安航空会社。
上記以外にも、スプリングジャパン(SJO)やAIR DO(ADO)、バニラエア(VNL)、春秋航空日本(SAJ)なども有名です。
格安航空会社自体のメリット・デメリットを知っておくことはもちろん、各社の色を把握することも大きなメリットに繋がります。
最近ではタイムセールを行う格安航空会社も多く、各社ホームページへ頻繁に格安航空券国内旅行の情報を取りに行く消費者も増えています。
目的地が決まった段階で「まずは格安航空会社が飛んでいる路線はないかを確認」そんな利用者も増えています。
やはり安く移動したい方には格安航空会社が最適です。
しかし注意点も多くなります。確認漏れのないように心掛けましょう。